勤怠管理の利点について考える

会社では色々な人が仕事しています。公正な評価で給料を出すためには、正確な勤務時間把握が必要です。従業員の勤務時間や遅刻、休暇等については給料や、人事評価に大きな影響を与えます。公正な評価を可能にするために、勤怠管理が必要です。昔は、従業員が入、出門時にタイムカードを押していました。しかし、この方法は、人事の担当者は、月末になると全従業員のタイムカードから勤務日数、勤務時間、残業日数、残業時間等を集計し、給料計算の担当者へ知らせる必要がありました。毎月、月末は膨大な集計作業に追われていました。勤怠管理システムを導入すれば、例えば、生体認証式の入出門管理システム付の勤怠管理システムであれば、入出門時に指の静脈をかざすだけで、時間がシステムに伝わり、勤務時間が積算されていきます。全従業員の勤務時間等が一元管理されます。正確な時間が集計され、公正な給料が計算され、支払われます。効率的な勤怠の管理が出来ます。

勤怠管理を効率化する方法

勤怠管理は出勤時間と退勤時間を正確に記録する必要があり、効率化するためにはシステムを使う方法が望ましいです。最近ではIDカードを使って個人情報を管理する方法が主流で、カードを通すだけでデータを正確に記録できます。勤怠実績は給料を正しく計算するために重要になるため、正確な時間を記録する必要がありタイムカードを使うと手入力をする必要性があるためIDカードを使ってデータを記録して管理する方法が増えています。勤怠管理は源泉徴収票を作成する時のデータになるため正しい情報を記録する必要があり、機器を購入するためにかかる費用を確かめて作業を効率化できるように考えると効果が高いです。勤怠管理を効率化する方法はIDカードを使って情報を読み取りデータを記録すると手入力などをする手間を省けるため、必要な人員を減らして人件費を削減することができます。

会社によって勤怠管理は様々

勤怠管理は今の時代凄く多様化しています。旧態全とした会社では出席簿にハンコを押して毎月末や〆日にこれらを収集して出勤日を集計して給料計算している会社も少なくありません。毎月毎月総務部や経理部の人間が大人数の給料を古臭い方法で計算するのは本当に手間で無駄な仕事だと思われます。最近の会社では出勤簿自体が無い会社も増えてきています。フレックスシステムをさらに進化させた形態です。ただし、税務上や経理上処理が大変なことになるので少人数の会社にしか適しません。大会社では最近社員の身分証明や会社の保安のためにIDカードを作成して身につけさせている会社が増えています。最近ではこれらのIDカードに勤怠管理機能を付与している会社も多くなっています。社員が会社に出入りするのを管理したり、出張の際などはIDカード番号で事前報告や事後報告で勤怠状況を管理します。給料計算等も専用のソフトを使用すれば簡単に処理できます。

Submit a Comment

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)